友人挨拶を頼まれたら

結婚式と対局する形で、離婚式というものがあるのです。きちんと区切りをつけ、別れることを友人、知人、親族にお披露目するのです。新郎新婦が入場し、立会人や立会業者の目の前で結婚指輪をはずし、その指輪を参列者の目の前でハンマーで叩き潰すのです。

 

一件異様な空気で、一種独特でありながら当の本人たちは心がすっきりし、前向きに人生を考えられるようになると言うのです。

 

そのため年々離婚式を行う人が夫婦が非常に増えているのです。

 

そこでは友人も友人挨拶を頼まれることがあるのです。一種異様な空気のある離婚式であるものの、悲観的に捉えてはいけません。本人達にとっては非常に前向きな儀式、門出でもあるので前向きな挨拶をしてあげるのかマナーだと言えます。夫婦がどのような経緯で別れるに至ったかなど、ネガティブなことは挨拶に織り込まない方が良いでしょう。

 

できればそれぞれの新たな人生をスタートさせることができるので祝福してあげなければいけません。

 

また服装などは結婚式とは違い華美になりすぎないようにしなければいけません。

 

喪服のようにフォーマルである必要はありませんが、地味目なグレーや濃紺などの色目のスーツを着用し参列すると良いでしょう。