‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

友人挨拶を頼まれたら

2014/02/10

結婚式と対局する形で、離婚式というものがあるのです。きちんと区切りをつけ、別れることを友人、知人、親族にお披露目するのです。新郎新婦が入場し、立会人や立会業者の目の前で結婚指輪をはずし、その指輪を参列者の目の前でハンマーで叩き潰すのです。

 

一件異様な空気で、一種独特でありながら当の本人たちは心がすっきりし、前向きに人生を考えられるようになると言うのです。

 

そのため年々離婚式を行う人が夫婦が非常に増えているのです。

 

そこでは友人も友人挨拶を頼まれることがあるのです。一種異様な空気のある離婚式であるものの、悲観的に捉えてはいけません。本人達にとっては非常に前向きな儀式、門出でもあるので前向きな挨拶をしてあげるのかマナーだと言えます。夫婦がどのような経緯で別れるに至ったかなど、ネガティブなことは挨拶に織り込まない方が良いでしょう。

 

できればそれぞれの新たな人生をスタートさせることができるので祝福してあげなければいけません。

 

また服装などは結婚式とは違い華美になりすぎないようにしなければいけません。

 

喪服のようにフォーマルである必要はありませんが、地味目なグレーや濃紺などの色目のスーツを着用し参列すると良いでしょう。

仲人ならぬ裂人とは

2014/02/10

仲人というのは特に男女の間で結婚の仲立ちをする人を指して使われる言葉ですが、最近それとは真逆の裂人(さこうど)と呼ばれる人がいます。

 
これは近年新しく作られた造語で、夫婦関係にあった男女が離婚をする際に、その別れを見届ける役割をする人のことを指して使われている言葉です。

 
具体的にどのような事をするのかというと、夫婦と一緒に離婚式を行います。夫婦共通の友人から選ばれたり、結婚式の仲人が役目を務める場合もあります。離婚式の進行をサポートしたり、夫婦の緊張をほぐしたりという役目があります。

 
一昔前までは、離婚をするなんて恥ずかしい事だという考えがありましたが、現代での離婚は

 

決して珍しい事ではなく、けじめをつけてオープンに離婚式を行うことで、友人たちとの関係

 

もぎくしゃくすることがなくなるので、都合が良いのでしょう。

 

 
不幸な事でもお祝いにしてしまう事で、新しい人生へのスタートが気持ちよく始められるとい

 

うメリットがあります。

 
人から見れば不謹慎な行動にも取られかねないこれらの行為ですが、当の本人達は真剣そのものです。

 
そもそも結婚の始まりに結婚式を行うならば、終わりの時に離婚式を執り行ってもなんら不思議ではありません。

パーティーに参加するときにご祝儀は必要か

2014/02/10

結婚式のご祝儀というのはもう常識中の常識です。 ちなみに結婚式に参加される場合は友人で30000円以上、親族で50000円以上、 上司でも50000円以上というのが相場になっています。 結婚式の場合は、これらのお祝い金を見込んで開いていることが多いので、これより低い金額を持っていくというのは あまり好ましくありません。(もちろんその本人との関係にもよりますが)。

結婚式の後の二次会パーティー、また結婚パーティーとなりますとまた別です。 そのようなパーティーの場合には、会費というものが設定されているケースがほとんどです。 たとえば5000円だとか、10000円だとか、決まっていて招待状にも記載されています。 その場合は、それとは別にお祝い金を持っていく必要があるかどうかということですが、これは一般的に必要ありません。 そのパーティーに会費を払って参加するということで、お祝いとされるので、必要はありません。 しかし、特別な仲だったりする場合は、何かプレゼントを持参してもいいかもしれません。 そのあたりは、新郎新婦との関係にもよるのですが、パーティーの場合は会費以外には、お祝い金は特に必要ないというのが答えです。

パーティーでの服装:参加者編

2014/02/10

近年非常に離婚件数が増加しています。

 

その背景には、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、チャットやツイッター、ライン、出会い系サイトといった不特定多数の男女の出会いの場が非常に増え、不倫や浮気と言ったことが頻繁に行われるようになったことも離婚件数に影響していると言えるのです

 

。離婚件数の増加とともに、離婚式を行うカップルも増加の一途をたどっています。離婚式と言うと修羅場のようなイメージを受けてしまいます。

 

しかし離婚式は修羅場ではなく、カップルにとって非常に前向きな儀式でもあるのです。

 

 

離婚式には結婚式同様、知人、友人、親族が招待され参列します。牧師ならぬ立会業者が間に立ち、離婚式の成り行きを見守るのです。

 

参加者は結婚式と違ってその装いに非常に困惑してしまいます。

 

しかし、参加者は普段着よりも少しきちんとした服装で参列すればよいのです。

 

離婚式は結婚式ほど華やかではなく、儀式も比較的時間が短いので、スーツを着て行けば十分だと言えます。

 

離婚式の流れは、離婚の経緯の説明の後、カップルが立会人の元、結婚指輪を外しハンマーでそれを破壊し、参列者などが挨拶していくのです。

 

一件ネガティブな儀式のようですが、当の本人たちは心に区切りがつき、翌日からポジティブに人生を歩んで行けるようになるのです。

 

パーティーでの服装:夫婦編

2014/02/10

夫婦でパーティーに招待されたときにどんな服装で行けばいいのかということです。

 

男性はスーツ、中に着るシャツやネクタイ、チーフなどは奥さんとカラーコーディネートしてもいいでしょう。 しかし、あまり派手になりすぎると少し目立ってしまいます。

 

どんな夫婦でコーディネートするという感じではなければ、女性の方は着物で参加するというのもありです。

 

日本の女性らしさが一番でるファッションでもありますから、夫をエスコートしつつ印象もよくなります。 特に外国の方がいらっしゃるパーティーでは着物での参加が喜ばれます。

 

 

夫婦で参加するということですが、できれば女性は少し後ろで着いていくという感じがいいでしょう。 一緒に参加しているのに終始離れているというのはあまり好ましくありません。

 

しかし、横並びでずっといるというのもあまりよくありません。このバランスがとても難しいのですが、良い距離感でいられるといいでしょう。

 

 

女性は着物以外のファッションでしたら、パーティードレスになるのですが、 これはもうそのお呼ばれしたパーティーの内容、他の客層などにもよりますので、その時その時で選んでいくというのが望ましいです。 あくまでも主役は誰なのかを考えたファッションにしたいものです。

パーティーに参加する時のマナー

2014/02/10

パーティーといいましても、さまざまなパーティーがあります。 一般常識と言われていても、参加者のマナーというものをあらかじめ知っておくとよいでしょう。

 

 

まず、会費制の場合でしたらそれ以上のご祝儀などの必要はありません。

 

結婚パーティーでもご祝儀袋に入れる必要もありません。当日会計のところに出します。

 

もし、仲良しのお友達であったり、親戚で合ったりする場合は、会費制ということですので品物を贈るというのがベターかもしれません。

 

パーティーの時間帯にもよりますが、あまり派手になりすぎないようにも気を付けたほうがいい場合があります。 一緒に参加する友人などとも打ち合わせをしておくといいでしょう。

 

 

披露宴パーティーの場合でしたら、花嫁さんとかぶらないように白のドレスは控えるというのは常識です。

 

肌を露出しすぎるのもよくありませんので、ストールなども持ち合わせるといいでしょう。 特に教会での式の際には、露出は控えましょう。 男性の場合でしたら、黒のスーツに白のネクタイというのが定番です。

 

しかし、最近ではその辺は緩くなっていますので、そこまでこだわらなくても大丈夫でしょう。 しかし、パンツにプレッサーがかけていたいものです。

パーティーにかかる費用

2014/02/10

結婚をするときに、結婚式、披露宴を行う方が多いのですが、 そうではなく、式や披露宴という形ではなく、パーティーという形にしようという方もいます。

 

今は形式にとらわれず、いろいろな形で結婚のお祝いをすることがあります。

 

結婚パーティーではいったいどれぐらいの費用がかかるかといいますと、これは本当に相場と

 

いうのもが存在しないぐらい幅広い金額になっています。

 

というのは、ホテルのようなところでのパーティーでは会場費もかかりますし、サービス料などもかかります。 しかし、レストランのようなところですと、会場費というのではなく、コース料金、食事や飲み物の金額だけであったり、 もっと居酒屋のようなところであったり、バーであったり、それはいろいろなところで行われますので一概に言えません。

 

 

しかし、その料金というのはきちんと計算しておかないといけません。 まず、参加者の方には、ご祝儀という形ではなく会費という形でいただくことになります。

 

そこから、飲食代、そしてビンゴや出し物にかかる金額も出しますので、計算をして算出することが大事です。 このようなパーティーの場合はとんとんか、足が出るというぐらいになることがほとんどです。

パーティーの会場選び

2014/02/10

最近は非常に離婚する人が増えています。昔ほど夫婦は死ぬまで添い遂げなければいけないとい

 

う価値観がすっかり失われてしまったのです。

 

浮気された、不倫された、他に好きな人ができてしまったという、その感情の赴くまま今の夫婦関係を解消しようと決意するのです。離婚件数の増加に伴って、離婚式というものも現れました。結婚式同様、離婚専門の業者がこの離婚式をプロデュースしてくれるのです。

 

そのため離婚式の会場などは、こうした仲介業者が何か所か仮押さえしてあり、参列者や予算

 

に応じて場所を選択することができるのです。結婚式ほど華美な演出もなく、式の時間も比較

 

的短いのでそれほど豪華で広い場所を考える必要はありません。

 

しかし参列者に結婚式同様食事やお酒をふるまうこともあるので、ホテルなどの小宴会などを離婚式の場所とすれば良いでしょう。

 

夫婦の入場、離婚に至るまでの経緯の説明、結婚指輪をはずし皆の前で破壊のお披露目、参列

 

者の挨拶と言った形式で離婚式は執り行われます。参列者は結婚式とは違って華美になり過ぎ

 

ない服装で参列すると良いでしょう。

 

しかし離婚式はネガティブに捉えられがちですが、当の夫婦にとってはポジティブな儀式でもあるので、参列者は前向きな挨拶をしてあげると良いでしょう。

離婚式をするメリット

2014/01/22

以前は、結婚とは、結婚を行った当人同士の繋がりだけでなく、家と家の繋がりであり、多くの人が関わり合って夫婦生活を充実させ、子供を授かり跡継ぎを継承することで、更なる一家の繁栄を目指すものと考えられてきました。
従って、一度結婚したらパートナーと生涯を共にするのが当たり前であり、離婚をするということは「恥ずかしいこと」・「一族の恥」として、あまり良い行動とは思われないのが一般的でした。

 
従って、離婚をするのも、誰に知られることもなくこっそりと行い、離婚の事実を隠す傾向が

 

あるため、その後の人生において、大きな支障が出ることもありました。

 
昨今では家と家の繋がりなどは、昔ほど強く意識をする必要が無くなり、個人個人の生活を重要視される世の中となりました。一度結婚した相手とも、生活のズレや考え方の違いなどで、結婚生活を送ることが必ずしも最善ではない場合は、離婚を決意する方も多くなりました。

 
ただ、やはり離婚をするには、非常に大きな決断と勇気を必要とします。

 
「本当に離婚する事が、良いのだろうか」「今までお世話になった方に申し訳ない」など、多くの葛藤と、不安がつきまといます。離婚の事実を多くの方に伝えるのも後ろめたく、なかなか次の第一歩を踏み出しにくいものです。

 
そのような場合に、いままでの結婚生活に終止符を打ち、新たな生活をはじめる事を、お世話

 

になった方に、お礼と報告を行う場を設けることで、離婚に対してきっちりとケジメをつける

 

事が出来、今までのパートナーと別れて新たな生活の第一歩を踏み出してゆけるのが離婚式の

 

大きなメリットと考えられます。