パーティーに参加する時のマナー

パーティーといいましても、さまざまなパーティーがあります。 一般常識と言われていても、参加者のマナーというものをあらかじめ知っておくとよいでしょう。

 

 

まず、会費制の場合でしたらそれ以上のご祝儀などの必要はありません。

 

結婚パーティーでもご祝儀袋に入れる必要もありません。当日会計のところに出します。

 

もし、仲良しのお友達であったり、親戚で合ったりする場合は、会費制ということですので品物を贈るというのがベターかもしれません。

 

パーティーの時間帯にもよりますが、あまり派手になりすぎないようにも気を付けたほうがいい場合があります。 一緒に参加する友人などとも打ち合わせをしておくといいでしょう。

 

 

披露宴パーティーの場合でしたら、花嫁さんとかぶらないように白のドレスは控えるというのは常識です。

 

肌を露出しすぎるのもよくありませんので、ストールなども持ち合わせるといいでしょう。 特に教会での式の際には、露出は控えましょう。 男性の場合でしたら、黒のスーツに白のネクタイというのが定番です。

 

しかし、最近ではその辺は緩くなっていますので、そこまでこだわらなくても大丈夫でしょう。 しかし、パンツにプレッサーがかけていたいものです。